在宅ネット・さがの活動内容

私たち「在宅ネット・さが」は在宅医療・ケアの推進、普及啓発を目的として2010 年発足以来、市民公開講座、症例検討会、ガイドブックの出版等、様々な活動を行っています。

その後、在宅療養に関わる制度や新たな施設ができ、高齢化も進み、地域の療養
環境は日々変化を続けています。そうした中で、在宅療養のニーズと多職種連携は地域包括ケアにおいて益々重要となっています。

在宅の世界は密室化しやすく、より良いケアを行うためには在宅医療・介護・福祉の多施設多職種の交流や情報交換、学習が必須です。私たちはそうした交流の場を大事にしていきたいと思います。

ご興味のある方は是非ご参加ください。初心者の方も歓迎します。

「在宅ネット・さが」の目標は以下の4点です。
  • 在宅医療・ケアに関する専門家達の知識や技術の普及、啓発
  • 多職種での連携のために必要な情報交換と顔の見える関係をつくること
  • 在宅医療・ケアの現場での問題共有、特に倫理的な問題への対応についてのコンセンサス形成
  • 一般市民への在宅医療・ケアへの啓発、普及

ニュース

メニューを閉じる